てんかんの欠神発作と薬について

てんかんとはいろいろな原因によって発症する脳の疾患で突然体がけいれんしてしまったり、意識がなくなるような症状があらわれます。
これは一度ではなく何度か繰り返し起こるということと、いつ起こるか特定できないという特長があり、主な治療は薬などでその発症をおさえるという方法となります。
てんかんの原因はいろいろあるのですが、脳になんらかの障害が発生したことで起こるとこが多いのです。それは例えば生まれたときの仮死状態、低酸素、脳炎、脳出血、脳梗塞などが考えられるほか、脳になんらかの外傷、あるいは衝撃を受けたことで起こることが一般的です。ただそれ以外に検査をしても異常がみつからない原因不明のてんかんもあります。
これらの症状は3歳ごろの乳幼児から青年までに発症することが多いのです。乳幼児に発症したような場合は徐々にけいれんなどの症状は少なくなってきます。しかし最近は年齢がある程度高齢になっても発病する例があります。
やはりてんかんの症状であるけいれんといった発作がいつ発症するかわからないということで、脳神経外科などで治療を行う必要があります。
発作の種類には全般発作や欠神発作があります。全身がけいれんして意識も失ってしまうという症状はいちばんひどく、体が硬直してガクガクとけいれんしてしまうのです。これが長く続くと脳に悪影響があるので早く病院へ行く方がいいです。
欠神発作というのはある一定時間意識を失うというものです。欠神発作すぐに意識はもどりますが、倒れてしまうこともあります。
これらは正しく薬で治療を続けることと、薬でコントロールをすることです。よく医師と相談をして自分の判断で薬をやめたりせずに続けて治療を行うことで改善することも可能なのです。

ページトップへ